ユーザー車検の点検、整備とは

ユーザー車検の為の自動車の点検、整備とはユーザー車検に通るための点検、整備という目的だけではなく、本当に大事なのは自分の安全運転の為のトラブルを防ぐためだと思います。だからこそしっかりポイントをおさえた上で点検、整備をするようにしましょう。

車の点検・整備って聞くと、素人ではすごく難しいことではと思う人もいると思いますが、実はそれなりの車への知識を持っていれば自分で点検、整備できることがほとんどです。

車の知識と言っても専門的なことだけではなく、普段車の運転をしている人であれば、ふと気が付くところが意外と点検項目に含まれていることが多いです。

自動車の足回りの点検をするには、リフトやジャッキなどを利用して車を上に持ち上げる必要があります。

続きを読む

ユーザー車検のデメリット

ユーザー車検の長所はユーザー車検のメリットって?で紹介しました。それでは逆にユーザー車検のデメリットとはどのような点でしょうか?

第一にユーザー車検の短所として挙げられる点と言えば、ユーザー車検にかかる時間とそのときの手間でしょう。

実際ユーザー車検をする上の時間や手間は慣れている人だとそんなにかかるものではなく、車検のための整備、点検は、自動車に関する知識がある方だと1日もあればだいたいすんでしまいます。また車検当日も、早く済めば2時間ほどで終わります。

でもこれはあくまで多少知識がある人や慣れている人でそのくらいの時間がかかるので、初めてユーザー車検をやろうと思っている人など初心者がする場合は上の例の時間の2倍以上はかかると思ったほうがいいかもしれません。

続きを読む

ユーザー車検のメリットって?

ユーザー車検をする上で最大のメリットと言えば、やはり車検にかかる経費をかなり安くすることが出来る点でしょう。車検でかかる重量税や自賠責保険料など必ずかかる経費以外では車検の検査時の手数料のみです。

普通の車検だと、整備業者や車のディーラーなどにお願いして、その時の整備や部品の交換費、整備にかかわる人件費、維持費などいろいろと経費はかかっています。平均して少なくても約1〜3万円ほど余分にかかる計算になります。

その次のメリットと言えば、車検の為に自分で車の点検や整備をすることで、車の仕組みや点検するポイントなどが理解できることでしょう。普通は車を毎日運転している人でも、実際に自動車の仕組みやどういうな原理で車が動いているかがわかる人は少ないと思います。というかたぶんそんなことを意識して、車の運転をしている人はほとんどいないと思います。

続きを読む


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。