ユーザー車検とは

ユーザー車検とは自動車の所有者が自分で車検場に行って車検を受けることです。以前は法律上の問題で難しい部分もありましたが今では法改正もあったことで規制緩和の為に自分で持ち込みでの車検が受けやすくなりました。

車検って車のディーラーや自動車整備業者に頼むものと思っている人も多いと思いますが、気をつけるポイントなどをおさえることで自分でもできます。ただしある程度自動車の整備に対して知識を持っていることが最低限必要です。

車検の本来の目的は自動車の運転をするに当たって必要最低限な項目をチェックすることなので、必要な整備項目はもちろんですが、普段やっている点検整備とはまた違います。


車検の項目としてあげられる代表的な項目は
・ブレーキ(ちゃんと反応して停止するか)
・タイヤ(タイヤの溝が適正かどうか)
・ライト類(きちんと点灯しているか)
・スピードメーター(正確に表示しているか)
・排気ガス
上記のような項目だと思います。確かに車の運転に大事な項目ばかりですね。

でもたとえばエンジンオイルやミッションオイル、ブレーキフルードや冷却水などは定期点検ではチェックされますが、車検時にはチェックされないんです。

普通に整備業者などに車検を頼むと車検用の整備以外に定期点検整備もあわせて行い、そのときにいろんな部品などを交換されたりします。まだ十分適正な量だとか変える必要のない部品を交換される場合もあって、それにかかる費用も余分にかかる結果となります。ただしこれは車の年式や走行距離などで、通常よりも早めに交換しなければならないこともあるので、一概にそうだとは言えませんが。

まだ購入して間もないときや、定期点検などの整備を最近したばかりなどといった軽度な場合は自分で車検整備の項目だけチェックしてユーザ車検をすることで車検にかかる費用をかなりおさえることができますよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130364395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。