ユーザー車検の概要

ユーザー車検の概要を簡単にご紹介しましょう。私自身がもうすでに何回もユーザー車検をしていますが、毎回そのときによって少し違うので、もしかすると若干ほかの人の説明と違うかもしれませんが、基本的には同じだと思います。あくまでユーザー車検の概要ですので、詳細に関してはまた別の機会に。。。

まず最初にユーザー車検の為に予約をします。いきなり車検場に持って行っても、ユーザー車検は出来ません。必ず前もって予約を入れるようにしてください。

予約をとったら、車検の当日までに車の点検をしましょう。
点検の結果、必要があればオイルやパッドの交換をしたり、その他整備をします。

点検整備を行ったら、あとは車検を行います。
あと車検を受けるために、書類の作成をします。納税証明書や車検証は手元にあると思います。その他の必要書類は車検場にあるので、予約をするときにとってくるようにしましょう。

書類作成といっても、そんなに難しいものではなく、車検証に書かれている項目を書き写したりするだけなので、すぐに自分で出来ると思います。

車検の当日に受付にて予約の確認をします。書類の不備がないかどうかなどそのときに確認してくれます。書類に問題がなかったら、検査に移ります。

検査とはライン検査という検査方法で、自動車の外見の検査から始まり、スピード、ライトの点灯やブレーキ、そして下回り、排ガス検査の順に行われ、ライン検査にかかる時間はプロの人と初心者とでは時間はかわりますが、初心者でも検査官が教えてくれるので、10分少々で終わると思います。

ライン検査が終わればあとは車検証を交付してもらって終了です。
窓口に検査終了の書類を提出し、およそ20分ほどで車検証と検査章のシールが交付されるので、車検証は車の中で管理するように、検査章のシールはフロントガラスに貼りましょう。

車検の当日にかかる時間はおよそ1時間半〜2時間程度となります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。