ユーザー車検のメリットって?

ユーザー車検をする上で最大のメリットと言えば、やはり車検にかかる経費をかなり安くすることが出来る点でしょう。車検でかかる重量税や自賠責保険料など必ずかかる経費以外では車検の検査時の手数料のみです。

普通の車検だと、整備業者や車のディーラーなどにお願いして、その時の整備や部品の交換費、整備にかかわる人件費、維持費などいろいろと経費はかかっています。平均して少なくても約1〜3万円ほど余分にかかる計算になります。

その次のメリットと言えば、車検の為に自分で車の点検や整備をすることで、車の仕組みや点検するポイントなどが理解できることでしょう。普通は車を毎日運転している人でも、実際に自動車の仕組みやどういうな原理で車が動いているかがわかる人は少ないと思います。というかたぶんそんなことを意識して、車の運転をしている人はほとんどいないと思います。

自分で車の整備をするということで、多少なりとも車について勉強すると思いますし、実際に車の下を覗き込んで、どんな部品がどの部分にあるかなどを見たりもするでしょう。そういう経験をして、車の整備をすることで、車検のためだけではなく普段から自動車のトラブル等に備えて万全の体制をとることも出来ます。

たとえばエンジンオイルの交換についても今まではただ単に前回に点検してもらったときに車に次回エンジンオイル交換時期などと書かれたシールが貼られて、その時期にエンジンオイルを交換するといった人も多いでしょう。

でも自分でエンジンオイルの減少傾向等知っていたら、交換する時期も自分でわかるようになりますし、早めにエンジンオイルの交換をすませるようにすれば、いざというときのトラブル防止にもなります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。