ユーザー車検の点検、整備とは

ユーザー車検の為の自動車の点検、整備とはユーザー車検に通るための点検、整備という目的だけではなく、本当に大事なのは自分の安全運転の為のトラブルを防ぐためだと思います。だからこそしっかりポイントをおさえた上で点検、整備をするようにしましょう。

車の点検・整備って聞くと、素人ではすごく難しいことではと思う人もいると思いますが、実はそれなりの車への知識を持っていれば自分で点検、整備できることがほとんどです。

車の知識と言っても専門的なことだけではなく、普段車の運転をしている人であれば、ふと気が付くところが意外と点検項目に含まれていることが多いです。

自動車の足回りの点検をするには、リフトやジャッキなどを利用して車を上に持ち上げる必要があります。

車に付属しているジャッキを使って点検に利用するのもいいですが、そのジャッキは本来緊急時のタイヤ交換用のものなので、やはり足回り等を見る場合はオイル交換などお店で行う際に、許可を得てそのときに確認するのがいいかと思います。

またマフラーやエンジン・トランスミッションなどの状態を点検するのもお店によってはオイル交換時にサービスで見てもらえるところなどもあるので利用してもいいかもしれませんね。

自分で点検・整備できるところは限られています。

年式の新しい自動車だと簡単な部分だけでも問題ありませんが、何年も乗っている車などはブレーキなど分解整備の必要な部分もあるので、不安なところは絶対に専門家などに依頼して交換整備をするようにしましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130368517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。